進学のため引越して一人暮らしの学生の健康保険の手続き

進学のため引越して一人暮らしの学生の健康保険の手続き、遠隔地被保険者証(学生用保険証・マル学)

大学や専門学校などに進学するために引っ越した場合の健康保険の手続きもお忘れなく!

「学生の場合、引越して一人暮らしした場合の健康保険はどうなるの?」

「特に国民健康保険の場合は、住民票のある自治体で加入・交付される・・・しかし、収入が無い学生の場合は健康保険料など支払えない、どうなるの?」

こんな健康保険の疑問があります。

これも遠隔地被保険者証(学生用保険証・マル学)の手続きすればOKです!

進学して一人暮らしする場合の引越しでやることの重要な事項ですね。

国民健康保険は住民票のある自治体で加入・交付される物ですが、進学に為に引越しして住民登録を移してしまった方でも「遠隔地被保険者証(学生用保険証・マル学)の手続き」をすれば、引越し先の住所地で国民健康保険に加入しなくても、それまでの健康保険を利用できます。

例えば、東京の世田谷区の場合など以下のようになっています。

「国民健康保険は住民登録地での取得が原則ですが、世田谷区に住民登録がない方でも下記に該当する場合は、届出により世田谷区で国民健康保険証を交付します。
該当する方
【マル学】:扶養者が世田谷区の国民健康保険に加入していて、修学のため世田谷区外に住民登録のある学生」

遠隔地被保険者証(学生用保険証・マル学)を申請すれば、新たな保険証が発行されます。

もちろん、届出ができるのは、原則として世帯主、該当者ご本人、住民票上同世帯の方となります。

届出方法ですが、窓口にお越しいただくか、郵送での受付になります。

※郵送の場合は、国民健康保険マル学・マル遠届出書に必要書類を添付。

遠隔地被保険者証(学生用保険証・マル学)の申請に必要な物は、在学証明書または学生証のコピーですが、入学前で在学証明書等が取れない場合は、入学許可書で受付をしてくれますが、後日必ず在学証明書または学生証のコピーを提出する必要があります。

上記は東京の世田谷区の場合を例にさせて頂きましたが、各自治体ども手続き的には同じです。

ただし、引越す前にきちんと役場のホームページなどで確認して下さい。

社会保険についても同様に遠隔地被保険者証(学生用保険証・マル学)が申請出来ますので、扶養者の勤務先に在学証明書等を提出して手続きをしてください。

大学や専門学校でも下記のように説明されている事が多いので、学生課に在学証明書を申請して下さい。

ただし、在学証明者の申請に現住所の住民票が必要な場合があります。

「遠隔地被扶養者証(学生用保険証)について」
家族(扶養者)と離れて生活している学生で、病院等の医療機関を利用する場合(怪我や病気等で)、遠隔地被扶養者証(学生用保険証)が必要となりますので、必ず次の手続きを行なってください。
■国民健康保険の場合
学生課で在学証明書を発行してもらい、扶養者の住んでいる区市町村役場に提出してください。
■社会保険の場合
学生課で在学証明書を発行してもらい、扶養者の勤務先に提出してください。